若者男子

私がFP3級合格した時に独学で実践した勉強方法とは?

Pocket

こんにちは!ゆうです。

皆さんはFP3級についてどう思いますか?

「難しいそう」や「簡単って聞くけど実際どうなの?」等いろんなことを思われているでしょう。

そこで私が実際に実践した勉強方法や勉強時間を紹介し、皆さんが抱えている不安を少しでも減らしたいと考えています。

今回の記事では、

  • FP3級の合格率と難易度はどのくらいなの?
  • 私が実践してきたFP3級の勉強方法とは?
  • FP3級の試験結果は?

以上の3点を中心に書いていきます。

この記事を読んでもらって、少しでもFP3級の勉強方法について理解してもらえると嬉しいです。

FP3級の合格率と難易度はどのくらいなの?

FP協会の発表によりますと、2019年の1月に実施されたFP3級の合格率は73.5%となっています。https://www.jafp.or.jp/exam/syutoku/result/20190103.shtml

これは自動車免許を取得するときとあまり変わらない難易度になります。

FP3級の合格に必要な点数は、学科と実技ともに6割です。

この数字だけ見ると他の資格と比べて簡単な部類なのではないかと思われます。

FP3級は選択問題で、基本を押さえてれば6割取ることができるので、合格率が高めなのではないかと考えられます。

ネットの情報だと1週間勉強すれば合格できると書いてありますが、実際合格できると思います。

FP3級に受かることだけが目的な人は直前に詰め込むのもありかなと思います。

しかし、今後FP2級を受ける人にとっては、後々後悔すると考えられます。

FP2級は3級の内容の応用版になるので、3級の知識を理解していないと解けません。

今後、FP2級を受けようと考えている人は、長い期間をかけてじっくり勉強することをおすすめします。

私自身、長期間かけてじっくり勉強したことで、FP2級の勉強が効率良く勉強できたと思っています。

私が実践していたFP3級の勉強方法とは?

私が利用した参考書は以下の2つです。

  • みんなが欲しかった!FPの教科書
  • みんなが欲しかった!FPの問題集

私は2か月間、2つの参考書を使ってじっくり勉強したことでFP3級の知識を完璧にしました。

では、2か月間で私はどのように勉強をしたのでしょうか?

教科書と問題集を同時並行で取り組む

FP3級の参考書では、以下の6部構成になっています。

  1. ライフプライニングと資金計画
  2. リスクマネジメント
  3. 金融資産運用
  4. タックスプランニング
  5. 不動産
  6. 相続・事業継承

私は1章ごとに教科書を読み込み、理解したら問題集で確認するというやり方で勉強をしていました。

教科書は、100%理解する必要はなく、まずは8割ぐらい理解してから問題集を取り組むといいでしょう。

問題集でできなかった問題は付箋や印をつけると後で確認しやすくなります。

まずは3週間かけてこの方法で6章が終わるまで繰り返します。

このようにすることで自分がどの分野が得意なのか、苦手なのかということがわかります。

苦手分野を把握する

勉強をする上で苦手な分野を把握することがとても重要です。

得意分野を極めてもあまり点数が伸びませんが、苦手分野を1つでも減らすことで大きく点数が伸ばすことが可能なのです。

教科書と問題集を1周することでどの分野が苦手なのかを確認できると思います。

苦手分野が分かったら、苦手分野の章だけを教科書で読み込み、問題集を確認するという作業を理解するまで繰り返してください。

1週間~2週間かけて繰り返すと理解が深まると思います。

私はこのような方法で苦手な分野を無くしたことでFP3級の合格につながったと感じています。

自分が納得いくまで問題集を解きまくる

最後に3週間かけて問題集を解き続けてください。

問題集の答えを覚えてしまうぐらいに繰り返すことをおすすめします。

問題集で分からない問題がないっていうぐらいまで繰り返すことで自分に自信がつき、本番のテストで余裕を持って迎えることができます。

私の場合は、問題集を5周したことでFP3級の知識を深く理解することができ、本番のテストでも余裕を持って挑めました。

実際に私が本番のテストで解いてみて、問題集と似たような問題がいくつかありました。

問題集を覚えるぐらいに繰り返し勉強をすれば、高得点を狙えるのではないかと感じました。

私の勉強方法を実践すれば、理解を深めることができ、FP2級にも大きく役立てられると思います。

もし良かったら、私の勉強方法を実践してみてください。

FP3級の試験結果は?

結論から言いますと、合格です。

試験中は自信がありすぎて100点だと思っていましたが、、、

家に帰って自己採点したら、学科と実技で1問ずつミスをしていたので、正答率は90%でした。

90%合格できたのは、2か月間じっくり勉強をしたことで理解を深められたからだと考えています。

教科書と問題集を繰り返すことで理解を深められるので、ぜひ実践してみてください。

今回の記事を読んで、少しでも皆さんが抱えている不安が減らせれば嬉しいです。

FP2級を合格した際に取り組んだ勉強方法も紹介していますので、参考にしていただければ嬉しいです。

http://yubrong.com/2019/06/05/私が独学でfp2級を合格した時に実践した勉強方法/

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ABOUT ME
yubrong
大学4年。FP2級。 趣味はサッカーやスポーツ観戦、旅行です。 若者男子に向けた情報を発信しています!
はてなブックマークお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加