若者男子

FP2級を取得するメリットはあるの?私が取得して変化したことを解説

Pocket

こんにちは!ゆうです!

皆さんはFP(ファイナンシャルプランナー)についてどう思いますか?

「難しそう」や「FPを勉強するメリットってあるの?」といった様々なことを思われているでしょう。

そこで今回は、私が実際に取得して変化したことについて

  • そもそもFP2級で学べることは?
  • 私が考えるFP2級を取得するメリットとは?
  • 私がFP2級を取得して変化したことは?

以上の3点について解説します。

この記事を読んでもらって、少しでもFP2級を取得するメリットについて理解してもらえると嬉しいです。

そもそもFP2級で学べることは?

FP2級は3級の応用版になります。

FPは6つの分野から成り立っています。

ライフプライニングと資金計画

資金計画や公的年金、社会保険を学べます。

リスクマネジメント

生命保険や損害保険、医療保険を学べます。

金融資産運用

預金や債券、株式、外貨建て金融商品を学べます。

タックスプランニング

所得税や住民税、法人税を学べます。

不動産

不動産の取引や調査を学べます。

相続・事業継承

相続税や贈与税、事業承継を学べます。

これらを学ぶことで幅広い金融知識を理解することができます。

つまり、FPや税理士などといった専門家に頼まなくても、自分で将来設計することができるのです。

私が考えるFP2級を取得するメリットとは?

私が取得してから日々思うFP2級のメリットについてご紹介したいと思います。

幅広い金融知識が身につく

FP2級を取得することで沢山の新たな発見ができると思います。

例えば、保険で言えば

  • 自分が加入していた保険は実は損をしていた!
  • 民間の保険に入らなくても十分な保障がされるのか!
  • 自分は保険に加入しすぎている

といった様々なことに気づくことができます。

ほとんどの人が保険の知識や必要性に理解しないで加入をしてしまい、結果的に損をしてしまっています。

いわゆる、保険の入りすぎをしてしまっているのです。

若いうちから、FP2級の知識を理解することで将来的に自分に合った将来設計を行うことができ、損をしない人生を送ることができるのです。

ライフプランの立て方がわかる

将来、家族が幸せな生活を送るには、ライフプランを立てることが重要です。

ほとんどの人はFPなどの専門家に頼むことが多く、専門家への相談料がかかってしまいます。

しかし、FP2級を取得すれば、自分でライフプランを立てられるようになります。

子どもの進学や家の購入、老後の生活などといったライフイベントにかかる資金計画を学ぶことで、自分の収支状況や貯蓄残高を把握でき、幸せな人生を送ることができます。

就職や転職で有利になる

金融業界であれば、FP2級の資格を持っているだけで有利になります。

特に保険会社や証券会社の営業職はFPの資格が必須です。

保険会社や証券会社の営業マンは、お客様の資産を総合的に判断したうえで提案が求められます。

なので、持っているだけで、すぐに即戦力になると企業側は思われるので、FP2級はアピール材料になります。

実際、私が就職活動で金融業界を受けていた際は、印象が良く、スムーズに面接を進めることができました。

私がFP2級を取得して変化したことは?

私はFP2級を取得したことで選択肢の幅が広がりました。

長期インターンであれば、金融系のメディアを扱っているベンチャー企業で経験させてもらうきっかけになりました。

また、将来設計では自分に合った保険はどんな保険なのか、申請したらいくらお金が貰えるのかといった計画もしています。

私がFP2級を取得して一番良かったと感じることは、就職活動です。

履歴書やエントリーシートに記載するだけで、面接官からの印象が良くなり、結果的にスムーズに面接を進めることができました。

私はFPの資格を若いうちから取得することをおすすめします。

特に大学生の皆さんは取得してほしいです。

大学生は社会人に比べて、時間があるので、勉強する時間を確保しやすいと思います。

就職活動で少しでも他の学生と差別化になりますし、自分の選択肢が広がります。

FP2級を取得して、有意義な大学生活を送ってください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

FP2級の勉強方法も紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

http://yubrong.com/2019/06/05/私が独学でfp2級を合格した時に実践した勉強方法/
ABOUT ME
yubrong
大学4年。FP2級。 趣味はサッカーやスポーツ観戦、旅行です。 若者男子に向けた情報を発信しています!
はてなブックマークお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加