若者男子

インフルエンサーになりたい人必見!次世代SNSであるCTimeを使ってみた

Pocket

こんにちは!流行りものが好きなゆうです!

皆さんは「CTime」というSNSを知っていますか?

今後、CTimeというSNSが急激に伸びるんじゃないかと言われています。

私はあるブロガーさんに勧められて、CTimeを始めました。

そこで今回はCTimeの魅力について解説したいと思います。

この記事を読んで少しでもCTimeについて理解してもらえると嬉しいです。

そもそもCTimeとは何か?

CTimeは株式会社WCOさんが開発されたSNSになります。

テレビでも紹介されており、ユーザー数がもの凄く伸びております。

今後、Youtubeでも広告を配信する予定らしいので、大きく成長するのではないかと思われます。

実際にユーザー同士のコミュニティ交流や配信ランキングといった様々な機能を通して楽しむことができます。

CTimeの特徴とは?

CTimeの特徴についてご紹介したいと思います。

チャット機能がある

TwitterでいうDMと同じ機能になります。

お互いにライクした同士でメッセージを送ることができ、画像や動画を送ることが可能です。

ユーザーにとって嬉しい機能の1つですね。

タイムライン機能がある

CTimeでは、タイムリーというタイムライン機能があります。

「タイムリー(ライク)」と「タイムリー(ALL)」に分かれており、

タイムリー(ライク)はライクした人だけの投稿をみることができます。

タイムリー(ALL)は全ユーザーの投稿をみることができます。

自分の投稿を知らない人に見られるのが嫌だなと思う人でも、鍵垢機能があるので、安心です。

Twitterとほぼ変わらない機能なので、誰でも簡単に利用することができます。

ランキング機能がある

他のSNSにはない投稿のランキング制度があります。

ランキングには、「HOT」と「有名人」で分かれています。

HOTは一般のユーザーで、有名人はCTimeの公式ユーザーになります。

主に投稿に対する「いいね」と、「共有」、「コメント」の数で競われます。

今現在はまだCTimeのユーザー数が少ないので、ランキング上位に載ることは難しくありません。

なので、インフルエンサーになりたい方にとっては、他のユーザー受けする投稿を行えば、CTimeでインフルエンサーになることが可能です。

「CROOM」というファンクラブ機能がある

CTimeでは、自分のためのファンクラブを作ることができます。

自分の投稿をファンクラブのユーザーたちに見てもらうことが可能であり、自分の情報の拡散や集客につながります。

インフルエンサーになりたい人にとっては、嬉しい機能ですね。

CTimeを使ってみた感想

私がCTimeを使って思うことは、インフルエンサーになることが容易なSNSだと感じました。

私が以下のように投稿したところ、いいねが27、共有が8、コメントが57件。

HOTランキングで2位になることができました。

ランキングが載ったことで、私へのファンが50人増えました。

こんな初心者の私がこんなにバズるとは思いませんでした。

また、CROOMで自分のコミュニティを作り、参加者を楽しませることが誰でも簡単にできる仕組みが面白いと感じました。

TwitterやInstagramといったSNSだと有益な情報を発信しなければバズったり、自分が中心になることが不可能だと思います。

なので、今からインフルエンサーになりたい人はCTimeを始めてはいかかでしょうか?

今後、Youtubeで広告を配信する予定らしいので、急激に伸びるサービスの1つだと言えるでしょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ABOUT ME
yubrong
大学4年。FP2級。 趣味はサッカーやスポーツ観戦、旅行です。 若者男子に向けた情報を発信しています!
はてなブックマークお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加