若者男子

後悔しないために!文系大学生が卒業までにやるべきこと10選を紹介

Pocket

こんにちは!ゆうです!

文系大学生の皆さん、毎日が暇だと思いませんか?

そうなんです!理系大学生と比べると、毎日が暇です。

私は大学3年生までダラダラと過ごしてしまい、時間を無駄にしてしまいました。

そこで、今回は大学4年間通ってきて、私が考える文系大学生がやるべきことを解説したいと思います。

最後までご覧ください。

文系大学生がやるべきこととは?

やるべきこと①:サークルに入る

サークルに参加することで、より豊かな大学生活を送ることができます。

学年や学科を超えた付き合いができるので、大学内の人脈が増える点がサークルの長所です。

また、サークル活動に打ち込んだり、みんなでワイワイすることは大学生である今しかできないことなんです。

なので、充実した大学生活を送りたいのであれば、サークルに入ることをおすすめします。

やるべきこと②:必要な単位をしっかり取る

まず、文系大学生が一番やるべきことはこれでしょう。

「そんなこと言われなくても分かっているよ」という人がいるかもしれませんが、

講義をサボったり、テスト前に勉強しなかったことで単位を落とす人をよく見かけます。

私自身もあまり勉強しなかったせいで、単位をいくつか落としてしまいました。

1.2年生の時間があるときに単位を多めに取っておくことをおすすめします。

やるべきこと③:アルバイトをする

大学生のほとんどがアルバイトをしています。

サークルやゼミのイベント、友達との遊びでお金がかかってきます。

なので、アルバイトで稼いだお金で充実した大学生活を送りましょう。

また、アルバイトはお金を稼ぐ以外にもメリットがあります。

それは社会人としての常識やマナーが学べることです。

大学の授業では教えてくれないことをアルバイトで学べます。

やるべきこと④:旅行をする

大学生は時間があるので、国内旅行や海外旅行に行きましょう。

社会人になると時間が無くなるので、旅行に行ける回数が減っていきます。

なので、大学生のうちにたくさん旅行することで様々な発見してほしいと思っています。

また、一人旅もおすすめできます。

自分のペースで、行きたいところに観光したり、美味しいものを食べることができるので、とても楽しめます。

やるべきこと⑤:恋愛をする

大学生の時にたくさん恋愛しましょう。

「恋愛をするのがめんどくさい」と思っている人も多いのではないでしょうか。

恋愛しないまま大学を卒業するのは勿体ないです。

社会人になると大学生の時と比べると出会いが少なくなります。

なので、大学生のうちから積極的に恋愛をすることをおすすめします。

やるべきこと⑥:自動車免許を取る

自動車免許があると、入社後の営業活動に役立つだけでなく、旅行や遊びの幅が広がります。

自動車免許は教習所を通う場合は1~3か月、合宿の場合は2~3週間で取得することが可能です。

社会人ですと、休みの日が限られているため、これ以上に時間がかかってしまいます。

なので、自動車免許は大学生の時間があるときに免許を取ることをおすすめします。

やるべきこと⑦:資格を取得する

時間がある大学生の時に気になる資格を取得しましょう。

資格があると、就職活動に有利であったり、将来の仕事に活かすことができます。

社会人の場合は仕事で時間があまり確保できないため、時間がある大学生のうちに資格を取得することをおすすめします。

やるべきこと⑧:長期インターンシップに挑戦する

私の中で一番やってほしいなと思っているのは、長期インターンシップです。

長期インターンシップに挑戦することで、社会人としてのビジネススキルが身についたり、選択肢の幅が広がったり、業界理解を深めることができます。

実際に企業の先輩社員と一緒に働くため、アルバイトと違って様々なことを学べるため、他の学生と差をつけることができ、就職活動で有利に進められます。

また、私が実際に長期インターンシップに参加して一番良かったことは、選択肢の幅が広がったことです。

知らない業界を知ったり、同じインターン生が起業したり、ビジネススキルが身につく等アルバイトでは味わえない刺激を受けました。

大学生の皆さんはぜひ長期インターンシップに挑戦してほしいなと思っています。

やるべきこと⑨:趣味を見つける

大学生という時間がある期間に趣味を見つけましょう。

趣味はなんでもいいんです。

例えば、

スポーツ観戦や映画鑑賞、マラソン、グルメ巡り、ユーチューブなど。

時間があるときに様々な趣味を見つけ、それに没頭すれば有意義な大学生活を送れるでしょう。

やるべきこと⑩:留学に挑戦する

海外留学は日本と異なる習慣や文化、価値観を学ぶことができます。

外国語の取得だけでなく、外国人の友達ができたり、生活力が身につくので、将来的にプラスになるでしょう。

海外留学はお金がかかりますが、バイトでお金を貯めて留学を実現している人は多くいます。

なので、お金の面で諦めずに、海外留学に挑戦してほしいと思っています。

まとめ

文系大学生がやるべきこと10選を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

文系大学生は理系と比べて、沢山時間あります。

その時間を何もせずに過ごすのは、勿体ないと思います。

なので、自分がしたいことに挑戦して有意義な大学生活を送ってほしいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ABOUT ME
yubrong
大学4年。FP2級。 趣味はサッカーやスポーツ観戦、旅行です。 若者男子に向けた情報を発信しています!
はてなブックマークお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加