若者男子

今から始める就活生必見!私が就活していて失敗した経験を紹介します

Pocket

こんにちは!ゆうです!

今から始める就活生の皆さんは、就活に対して不安に思っていますか?

1年前の私は、就活のやり方が全く分からず、とても不安でした。

私は先月の6月まで就活生として、IT企業と生保、銀行中心に選考を受けていました。

その中でも私が大きく失敗した経験を皆さんに紹介したいと思います。

この記事を読んで少しでも就活で失敗しても気にすることはないということを理解してもらえると嬉しいです。

就活の失敗談を紹介します

私が就活をしていて、失敗をした経験を細かく紹介したいと思います。

失敗談①:SPIの勉強をしなかった

私はSPIの参考書を買ったものの、ほとんど勉強しませんでした。

1月の大学のテストと2月のインターンで勉強できなかったと言い訳させてください。笑

私が通っていた大学はそこまで馬鹿な学校ではなかったので、正直SPIの点数が低くても落とされることはないと思っていました。

しかし、現実甘くはありませんでした。

私が受けた40社中、20社はSPIやWebテストで落ちました。

その当時はテストだけでこんなに落ちるとは思わなかったので、絶望していました。

落ちた企業の中でも第一志望群が何社かあったので、SPIの勉強をしとけばよかったと後悔しています。

就活生の皆さんは必ずSPIの対策をしてください。

「直前に勉強すれば大丈夫だよ」と思っている人がいるかもしれませんが、正直きついと思います。

直前になればなるほど、やらなければいけないことが増えてきます。

なので、今から計画的に勉強することをおすすめします。

失敗談②:リクルーター面談でやらかす

私は大手生保のリクルーター面談でやらかしました。

リクルーター面談は、社員さんと一対一で気軽に話すようなものだと思っていました。

なので、私はその企業について何も対策しないで臨んでしまいました。

その当日は、一対一ではなく、社員さん1人で、学生3人のような形でした。

社員さんから志望動機やガクチカ、自己PRを聞かれるというまさかの集団面接のような感じでした。

何も準備してこなかった私は志望動機をしっかり答えられませんでした。

逆質問をする時も2人の学生は3つほど逆質問をしていたのですが、私は頭の中が真っ白になってしまい、1つしかできず、

結果的に1回目のリクルーター面談で落とされるという屈辱的な経験をしました。

今から始める就活生の皆さんに伝えたいことは、リクルーター面談は選考です。

その企業のリクルーター面談では、どのような形なのかということをネットで調べて対策してから受けるようにしましょう。

私のように何も対策をせずにリクルーター面談を受けると失敗します。

失敗談③:第一志望と言えなかった

私は就活始めて最初の最終面接で第一志望と言えませんでした。

面接官から志望度を聞かれたのですが、その企業に入社したいとは思っていなかったため、第一志望と言えませんでした。

その結果、最終面接で落とされました。

今思うと、最終面接で第一志望と言っていれば、もっと楽に就活を進めることができたのではないかと思っています。

就活生の皆さんはあまり行きたい企業じゃなくても第一志望であることを伝えてください。

もしも内定頂いても、後から内定辞退することはできます。

第一志望であると伝えて内定を貰った方が、今後楽に就活を進められると思います。

まとめ

私の就活の失敗談を3つ紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

私はこれ以外にもいろんな失敗をしましたが、自分がここで働きたいと思える企業から内定を頂くことができました。

何度も失敗しても正直私のようになんとかなります。

失敗してもあなたの良さを評価してくれる企業に出会えると思うので、自分を出してほしいなと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ABOUT ME
yubrong
大学4年。FP2級。 趣味はサッカーやスポーツ観戦、旅行です。 若者男子に向けた情報を発信しています!
はてなブックマークお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加