旅行

大学生協が取り扱っている海外旅行保険に加入するメリットとは何か?

Pocket

こんにちは!ゆうです!

大学生の皆さんは長期休暇を使って、海外旅行に行くかと思われます。

海外旅行に行く際に悩むことの一つとして海外旅行保険が挙げられます。

どんなタイプの海外旅行保険に加入すべきか悩むでしょう。

そこで今回は大学生協が取り扱っている海外旅行保険のメリットやデメリットについて解説したいと思います。

この記事を読んで、少しでも大学生協が取り扱っている海外旅行保険について理解してもらえると嬉しいです。

大学生協の海外旅行保険のメリットとは?

まず、大学生協が取り扱っている海外旅行保険のメリットについて細かく解説したいと思います。

メリット①:一般の海外旅行保険料より安い

1つ目のメリットは、保険料が一般の海外旅行保険よりも安い点です。

大学生協が取り扱っている海外旅行保険は、大学生同士の旅行や留学向けになります。

そのため、大学生が気軽に支払える保険料でなければなりません。

損保ジャパン日本興亜の海外旅行保険商品によると

  • ヨーロッパ周遊/9日間 3,870円
  • アメリカ/6日間    2,570円
  • 韓国/3日間      1,480円

https://hoken.univcoop.or.jp/travel/sompo/index.html

これらのことから、大学生協が取り扱っている海外旅行保険は一般の保険よりも安い保険料だということがわかります。

メリット②:持病を抱えている人でも加入できる

2つ目のメリットは、大学生協が取り扱っている海外旅行保険であれば、持病を抱えている人でも加入できる点です。

一般の海外旅行保険に加入する場合は、持病を抱えている人は加入しづらい現状にあります。

しかし、大学生協が取り扱っている海外旅行保険であれば、持病があるなし関係なく加入できます。

詳しくは、以下のURLからご覧ください。

https://hoken.univcoop.or.jp/travel/aig-sonpo/index.html

持病を抱えて海外旅行をするのが不安だなと思っている人におすすめします。

メリット③:手厚いサポートがある

3つ目のメリットは、海外に行ったことない学生でも安心できる海外旅行保険会社による手厚いサポートがある点です。

海外に初めて行く学生にとっては、不安でしかたないと思います。

そのような大学生に対して、海外旅行保険会社では手厚いサポートが用意されています。

具体的なサポート内容は以下の通りです。

  • 医療機関の手配
  • 医療通訳
  • キャッシュレス・メディカルサービス
  • 電話による通訳
  • 旅行に関する安全情報の提供
  • ホテルの予約・情報提供

これらのサービスは、語学に自信のない大学生にとって安心ですよね。

大学生協の海外旅行保険のデメリットとは?

次に、大学生協が取り扱っている海外旅行保険のデメリットについて細かく解説したいと思います。

デメリット①:団体での海外旅行保険の申し込みが必要

1つ目のデメリットは、海外旅行をする際に団体での海外旅行保険の申し込みが必要な点です。

万が一、旅行先で保険未加入者がトラブルを起こした時に大学側が補償をすることは難しいです。

そのため、海外旅行をする際には、団体で海外旅行保険に申し込みをされることが多いです。

海外旅行保険の加入が不要だと思っても、団体での申し込みが必要になってくるので、注意してください。

デメリット②:大学生協のある大学が限られている

2つ目のデメリットは、大学生協のある大学が限られている点です。

大学によっては生協が設置されていない現状にあります。

そのため、大学に生協がない大学生にとっては、大学生協が取り扱っている海外旅行保険に加入できません。

なので、大学生協が取り扱っている海外旅行保険に加入しようと検討している学生は、自分の大学に生協があるか確認する必要があります。

まとめ

大学生協が取り扱っている海外旅行保険のメリットやデメリットについて解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

大学生の長期休暇に海外旅行に行く際には、ぜひ大学生協の海外旅行保険に加入してみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ABOUT ME
yubrong
大学4年。FP2級。 趣味はサッカーやスポーツ観戦、旅行です。 若者男子に向けた情報を発信しています!
はてなブックマークお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加