旅行

海外旅行で飛行機に乗るとき、保険に加入すべき?保険の必要性を解説

Pocket

こんにちは!ゆうです

皆さんは海外旅行で飛行機に乗るとき、保険に加入していますか?

お金を節約するために保険に加入しない人も多くいるのではないでしょうか。

そこで今回、海外旅行に乗るとき、保険に加入する必要性について解説したいと思います。

最後まで読んでいただけると嬉しいです。

海外旅行するなら海外旅行保険に加入すべき

現在、海外旅行する際に何らかのトラブルに遭う日本人渡航者が多くいます。

また、海外で病気や怪我に遭った際に、公的制度を利用することができません。

なので、日本と違って治療費が高額になってしまいます。

軽犯罪などの事件に遭うリスクも日本と比べて高いです。

そのため、海外旅行に行く際は、海外旅行保険に加入すべきなのです。

では、海外旅行保険は具体的にどのような保障があるのか、詳しく解説したいと思います。

病気や怪我、死亡保障がついている

海外旅行保険に加入していた場合は、現地で病気や怪我に遭った際には、以下のような保障がされます。

  • 渡航先で病気が原因で亡くなった場合に保険金を支給
  • 旅行中の事故が原因で亡くなった場合に保険金を支給
  • 旅行中の事故が原因で後遺症になった場合に保険金を支給
  • 病気や怪我を治療することになった場合に保険金を支給

特に、海外での病気や怪我による治療費は高額になるため、保障がついている海外旅行保険に加入すべきと言えるでしょう。

賠償責任を負うときにも対応できる

盗難や窃盗といった軽犯罪の被害に遭った時には、海外旅行保険に含まれる携行品損害により、対応することができます。

携行品損害では、旅先に持って行ったものだけでなく、現地で購入したものについても、一点あたり10万円を限度に保障されます。

また、現地での偶然の事故により、他人に怪我をさせてしまったり、他人の物を壊してしまい弁償することになってしまった場合にも、対応することができます。

海外は日本と比べて、治安が悪いので、軽犯罪などのトラブルに遭う可能性が高いことから、海外旅行保険は心強い味方になります。

24時間日本語でのサポートが可能

海外旅行保険に加入している場合、24時間の日本語サポートを受けることができます。

具体的には、事務事故や医療病院の紹介からパスポートやクレジットカード紛失時の対応、また盗難の届出方法のアドバイスなど、現地で想定されるあらゆる出来事をサポートしてくれます。

また、保険会社によっては、飛行機の航空券の手配やタクシーの予約手配の代行まで行ってくれます。

渡航先ではあらゆるトラブルが起こりうるため、24時間の日本語サポートがあれば、コミュニケーションに不安を感じても、安心して対応ができるでしょう。

まとめ

海外旅行で飛行機に乗るとき、保険に加入すべきかどうか解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

海外は日本と比べて、様々なリスクに遭うことが考えられるので、海外旅行保険に加入することをおすすめします。

この記事を読んで少しでも海外旅行保険の重要性について理解してもらえると嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ABOUT ME
yubrong
大学4年。FP2級。 趣味はサッカーやスポーツ観戦、旅行です。 若者男子に向けた情報を発信しています!
はてなブックマークお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加