若者男子

学生必見!アルバイトで年収103万円を超えるとどうなるのかを解説

Pocket

こんにちは!ゆうです!

皆さんは、年収103万円を超えてはいけないということを聞いたことありますか?

学生が年収103万円を超えると、家族に迷惑をかけてしまうのです。

そこで、今回は私が年収103万円を超えた経験を活かして、年収103万円を超えるとどうなるのかについて解説したいと思います。

この記事を読んで少しでも参考にしてもらえたら嬉しいです。

学生が年収103万円を超えるとどうなるのか?

①:扶養控除が使えなくなる

扶養控除は年収が103万円超えた時点で使えなくなります。

扶養控除でなに?っていう学生が多いと思います。

簡単に言えば、扶養控除が使えなくなると、親の税金負担額が増えるということです。

例えば、親の年収が500万円で、扶養控除が使えなくなると所得税と住民税合わせて年に約10万円負担額が増えます。

家族にとって負担額が10万円増えるのはかなり辛いことですよね。

②:扶養手当が貰えなくなる

扶養手当も年収103万円を超えると貰えなくなります。

例えば、扶養手当が月に2万円支給されていたとします。

学生が年収103万円を超えることで扶養手当を受けることができず、年間24万円の収入がなくなります。

扶養控除と扶養手当と合わせて年間34万円ほど収入がなくなるのは、家族にとって痛いですよね。

もしも、年収103万円超えてしまう場合は、家族の収入が無くなる分のお金を返すべきだと思います。

③:所得税がかかる

年収103万円を超えると、親からの税制上の扶養が外れるため、所得税がかかります。

年収103万円超えた分の所得に所得税がかかる仕組みになります。

例えば、今年の年収が110万円だとすると、

超えた分の7万円に税率5%の所得税が課税されるので、所得税が3,500円になります。

④:住民税がかかる

所得税と同じで住民税もかかります。

年収103万円超えた分の所得に住民税がかかる仕組みになります。

例えば、今年の年収が110万円だとすると、

超えた分の7万円×10%+5,000円で、住民税が12,000円になります。

年収103万円を超えたから多額の税金が取られるわけではありませんが、家族に迷惑かかることなので、超えないようにしましょう。

もしも年収103万円を超えた時の対処方法とは?

勤労学生控除を使う

勤労学生控除を使うことで、所得税や住民税を払う必要が無くなります。

ただし、年収130万円を超えると勤労学生控除が使えなくなるので、注意してください。

勤労学生控除で免除されるのは、学生だけであって、親の負担は大きくなります。

なので、勤労学生控除を使えるから年収103万円を超えてもいいやと甘く考えるのではなく、家族と相談して決めるようにしましょう。

まとめ

今回、学生が年収103万円を超えるとどうなるのかについて解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

学生が年収103万円を超えると家族に迷惑かけてしまいます。

稼ぎたいから年収103万円を超えてもいいやと自分だけで考えるのではなく、家族と相談して決めてほしいと思います。

この記事を読んで、少しでも学生が年収103万円を超えるデメリットについて理解してもらえると嬉しいです。

最期まで読んでいただきありがとうございました。

ABOUT ME
yubrong
大学4年。FP2級。 趣味はサッカーやスポーツ観戦、旅行です。 若者男子に向けた情報を発信しています!
はてなブックマークお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加