旅行

国内旅行保険に加入する必要ある?飛行機の遅延による補償を解説

Pocket

こんにちは!ゆうです!

国内旅行で飛行機を交通手段の1つとして利用する人が多いかと思います。

飛行機の遅延や欠航といったトラブルに巻き込まれることがありませんか?

せっかく旅行なのに飛行機のトラブルにより楽しさが半減されてしまいます。

そんなケースに有効な保険が国内旅行保険です。

今回の記事では、飛行機の遅延や欠航に対する国内旅行保険の補償内容について解説したいと思います。

国内旅行保険であれば飛行機の遅延は補償される

国内旅行保険に特約を付帯させれば飛行機の遅延や欠航にかかった費用が補償されます。

補償される金額は飛行機の航空運賃ではなく、遅延して待たされてしまった時に発生した費用の賠償責任だけになります。

例えば、飛行機が遅延して一泊多めにホテルに泊まらなければなくなったり、空き時間に食事を必要となった場合に発生した費用を補償してくれます。

ただし、海外旅行の場合は対象外になるので、注意してください。

4時間以上の遅延や欠航、運休した場合に補償される

国内線の飛行機が4時間以上の遅延した場合に支払いが発生します。

遅延事由としては、エンジントラブルや天候不順などが挙げられますが、欠航や運休によって別の飛行機を待っている場合も該当します。

なお、支払事由が認められる際には航空会社の責任であるかも吟味されることにより、やむを得ない場合は支払いがされないことがあるので、注意してください。

航空券の代金は補償外になる

宿泊費や食事代は負担してくれますが、航空券の代金は補償外になります。

つまり個人の意思によって別の飛行機が必要となった場合には、支払いは別途発生してしまい国内旅行保険の補償対象外になるので、注意してください。

国内旅行保険だと1万円まで補償される

国内旅行保険の補償額は1万円までと設定されています。

飛行機の遅延によって発生してしまった宿泊代や食事代としては問題ない金額だと思います。

飛行機遅延の補償がある特約は加入する必要はない

国内旅行保険の特約を付加する場合は数百円の出費で済みます。

しかし、どんな遅延でも対応できるわけではないですし、補償される金額が少ないので、加入する必要性がないのではないかと思います。

また、代わりの航空券を発券、補償してもらえるわけではないので、あまり補償を使うケースがありません。

なので、国内旅行保険の特約を優先して加入する必要はないでしょう。

まとめ

今回、国内旅行保険の特約に付帯している飛行機遅延の補償について解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

国内旅行保険の特約に付帯している飛行機遅延の補償は、どんな遅延でも対応できるわけではないですし、補償される金額が少ないので、加入する必要性があまりないと考えます。

この記事を読んで少しでも国内旅行保険の特約に付帯している飛行機遅延の補償について理解してもらえると嬉しいです。

最期まで読んでいただきありがとうございました。

ABOUT ME
yubrong
来年の4月から金融系のIT企業でSEとして働く予定です。 大学時代では、保険サイトを運営しているベンチャー企業で1年間ライターとして長期インターンを経験。 趣味はスポーツ観戦、旅行です。 最近では一人旅にハマっています。 若者男子に向けた情報を発信しています!
はてなブックマークお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加