旅行

旅行好きの学生必見!クレジットカード付帯の海外旅行保険を解説

Pocket

こんにちは!ゆうです!

卒業旅行や長期休暇を使って海外旅行に行きたいと思っている学生が多いのではないでしょうか?

海外に行くと、ケガ・病気のリスクや事故のリスクといった様々なリスクに備えないといけません。

そのようなリスクに備えて海外旅行保険に加入する人がほとんどですが、実はクレジットカードに無料で付帯している海外旅行保険もあります。

そこで今回は、学生でも利用できるクレジットカード付帯の海外旅行保険について解説したいと思います。

この記事を読んで少しでもクレジットカード付帯の海外旅行保険について理解してもらえると嬉しいです。

クレジットカード付帯の海外旅行保険を解説

病気や事故の治療費用の補償額は?

クレジットカード付帯の海外旅行保険は、保険会社の海外旅行保険と比べて病気や事故といった治療費用の補償額が低い場合が多いです。

補償額が100万円程度しかない場合もあるので、注意してください。

補償額が足りない分は自己負担しなければならないので、補償内容をしっかり確認してください。

もしも不安でしたら、補償額が高いクレジットカードを選ぶか、複数枚のクレジットカードを持つようにしましょう。

死亡補償額のみ高額だが、それ以外の補償はない場合がある

クレジットカード付帯の海外旅行保険は、死亡補償額のみ高額になっていて、それ以外は補償されないという場合があります。

補償額を確認するのではなく、どのような内容を補償してくれるのかということも確認するようにしましょう。

学生でも作れる海外旅行保険付帯のクレジットカードがある

学生は収入がないため、クレジットカードの審査が通らないと思っている人もいますが、実は学生でも作れるクレジットカードはあります。

審査基準が厳しくないクレジットカードや学生向けのクレジットカードを提供している会社もあり、海外旅行保険が付帯しているものもあります。

学生が利用するなら自動付帯がおすすめ

クレジットカード付帯の海外旅行保険を利用するには、

  • 持っているだけで利用できる自動付帯
  • 出国前か出国後に公共機関などで、クレジットカードで支払わなければ利用できない利用付帯

の2種類があります。

利用付帯の場合は、クレジットカードによって条件が違いますし、うっかり条件を満たしていなかった場合に海外旅行保険を利用できないというデメリットがあります。

そのため、クレジットカード付帯の海外旅行保険を利用する場合は、自動付帯のクレジットカードを契約するようにしましょう。

まとめ

今回、クレジットカード付帯の海外旅行保険について解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

保険会社が提供している海外旅行保険は保険料がかかりますが、クレジットカード付帯の海外旅行保険の場合は無料なので、学生にとっては嬉しいですよね。

しかし、クレジットカード付帯の海外旅行保険は、補償額や補償内容が不十分の場合が多いので、よく確認してから作るようにしましょう。

最期まで読んでいただきありがとうございました。

ABOUT ME
yubrong
来年の4月から金融系のIT企業でSEとして働く予定です。 大学時代では、保険サイトを運営しているベンチャー企業で1年間ライターとして長期インターンを経験。 趣味はスポーツ観戦、旅行です。 最近では一人旅にハマっています。 若者男子に向けた情報を発信しています!
はてなブックマークお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加