若者男子

スノボ日帰りで最適な交通手段とは何か?3つの交通手段を徹底比較

Pocket

こんにちは!毎年スノボに行っているゆうです。

皆さんは日帰りでスノボ行くときにどの交通手段で行くべきか悩んだことはありませんか?

そこで今回は、マイカー・バスツアー・電車で行くメリットやデメリットについて解説したいと思います。

この記事を読んで少しでも参考にしてもらえると嬉しいです。

スノボをする際の交通手段:マイカー

自分の車を持っている人はスノボをする際は車で行こうと考えるのではないでしょうか。

マイカーで行くメリットやデメリットについてそれぞれ見ていきましょう。

メリット①:自宅から車で行ける

マイカーで行く1番のメリットは、自宅から車で行ける点です。

スノボ用具は荷物が多いため、他の交通手段だと持ち運ぶのが大変ですが、マイカーの場合はそのような負担がないのが魅力的です。

メリット②:時間が自由

マイカーで行く2番目のメリットは、時間が自由な点です。

他の交通手段の場合は、発車時刻といった時間の制限があるので、自由に行動できません。

しかし、マイカーの場合は途中で寄り道をしたり、スノボを長く楽しむことができます。

デメリット①:値段が高い

マイカーで行く1番のデメリットは、値段が高い点です。

まず、高速代やガソリン代でお金がかかってしまいます。

特に1人で行く場合は割り勘ができないため、他の交通手段よりも高くなってしまいます。

また、リフト代やレンタル代はバスツアーよりも高くなってしまうので、注意する必要があります。

デメリット②:疲れていても運転しなければならない

マイカーで行く2番目のデメリットは、疲れていても運転しなければならない点です。

スノボをした後はどうしても疲れが溜まっています。

電車やバスツアーの場合は移動中に寝ることは可能ですが、

マイカーは、疲れていても運転しなければいけないのがとてもつらいですよね。

1人で行くよりは、友達何人かで負担を分散することをおすすめします。

デメリット③:雪道を走らなければならない

マイカーで行く3番目のデメリットは、雪道を走らなければならない点です。

雪道に慣れていない人にとっては、タイヤがスリップし、事故に遭ってしまうこともあります。

そうなってしまったら楽しかった思い出が台無しになります。

スノボをする際の交通手段:バスツアー

バスツアーで行くと、リフト券やレンタル代が安くなることから多くの人がバスツアーを利用します。

バスツアーで行くメリットやデメリットについてそれぞれ見ていきましょう。

メリット①:値段が安い

バスツアーで行く1番のメリットは、値段が安い点です。

バスツアーは、リフト券+バスがセットになっていて、通常よりもお得になっています。

また、レンタル代も通常よりも安いため、学生に人気な交通手段となっています。

メリット②:移動中は寝ることができる

バスツアーで行く2つ目のメリットは、移動中は寝ることができる点です。

スノボをするとどうしても疲れが溜まって眠くなりますが、バスツアーならば目的地に着くまで寝ることが可能です。

メリット③:ゲレンデでお酒が飲める

バスツアーで行く3つ目のメリットは、ゲレンデでお酒が飲める点です。

マイカーの場合だと運転しなくてはいけないため、お酒が飲めません。

しかし、バスツアーの場合はそのようなことを考えずに自由に飲むことができます。

デメリット①:時間に制限がある

バスツアーで行く1番のデメリットは、時間に制限がある点です。

バスツアーには発車時刻があるため、その時間に合わせてスノボをしなければなりません。

なので、長くスノボを楽しみたい人にとっては、マイカーで行くことをおすすめします。

デメリット②:スノボ用具を持ち運ばなければならない

バスツアーで行く2つ目のデメリットは、スノボ用具を持ち運ばなければならない点です。

マイカーの場合だとそのような負担が少ないですが、

バスツアーは、バス停まで持ち運ばなければならないという大きな負担があります。

デメリット③:車内で騒げない

バスツアーで行く3つ目のデメリットは、車内で騒げない点です。

特に深夜バスの場合だと他のお客様が寝ていることが多いので、話すことすらできない状態です。

なので、バスツアーは寝ることをおすすめします。

スノボをする際の交通手段:電車

とにかく早くスキー場に着きたい人は電車利用する人が多いでしょう。

電車で行くメリットやデメリットについて見ていきましょう。

メリット①:早く最寄り駅に着ける

電車で行く1番のメリットは、早く最寄り駅に着ける点です。

基本的に新幹線移動になるため、他の交通手段よりも早く着くことが可能です。

メリット②:時間通りに着ける

電車で行く2つ目のメリットは、時間通りに着ける点です。

電車は遅延することがほぼないため、計画的に目的地まで向かうことができます。

デメリット①:最寄り駅からスキー場が離れている

電車で行く1番のデメリットは、最寄り駅からスキー場が離れている点です。

新幹線で最寄り駅に着いても、そこからの移動手段を考えないといけないため、負担がかかります。

ただし、ガーラ湯沢は、最寄り駅に直結しているため、そこに行きたい場合は電車で行くことをおすすめします。

デメリット②:値段が高い

電車で行く2つ目のデメリットは、値段が高い点です。

基本的に新幹線移動になるため、値段が高くなってしまいます。

金銭的に余裕がない人にとっては、あまりおすすめできません。

デメリット③:スノボ用具を持ち運ばなければならない

電車で行く3つ目のデメリットは、スノボ用具を持ち運ばなければならない点です。

マイカーの場合だとそのような負担が少ないですが、

電車は、最寄り駅まで持ち運ばなければならないという大きな負担があります。

まとめ

今回、マイカー・バスツアー・電車で行くメリットやデメリットについて解説してきましたが、いかがだったでしょうか?

3つの交通手段それぞれにメリットやデメリットがあります。

なので、その人のプランや状況に合わせて交通手段を選ぶべきだと思います。

金銭に余裕がない学生は、バスツアーで行くことをおすすめします。

最期まで読んでいただきありがとうございました。

ABOUT ME
yubrong
来年の4月から金融系のIT企業でSEとして働く予定です。 大学時代では、保険サイトを運営しているベンチャー企業で1年間ライターとして長期インターンを経験。 趣味はスポーツ観戦、旅行です。 最近では一人旅にハマっています。 若者男子に向けた情報を発信しています!
はてなブックマークお願いします!

このエントリーをはてなブックマークに追加